2020/05/05
StayHomeと屋上庭園
カテゴリ:

新型コロナウィルスが拡大する中、

屋上庭園は最適なアイテムであると

住んでる人から評判をよんでいる。

外出自粛や移動制限がされるなか、

屋上庭園で不自由さが感じない等、

お客さまヒアリングでも大好評。

今回の経験は過去の震災と同じか、

それ以上に記憶に刻み込まれる出来事。

コロナ対策という直接的表現でなくとも、

屋上庭園の持つ解放感やソト空間に対し、

大きな評価を得るキッカケとなっている。

クレストンホームの屋上庭園付き住宅が、

想像以上の真価を発揮したといえるだろう。

2020/04/18
4月18日のストーム
カテゴリ:

朝から断続的な雨と強風と雨。

春嵐〖Storm〗がやってきた。

東海から関東方面へと移動して、

列島を駆け抜けるようである。

いま大問題のコロナウィルスも、

強風でぶっ飛ばして欲しい。

そのコロナ感染拡大防止のための

行動指針とマニュアルを作成した。

全社員と現場で建築に従事する者に、

指針を徹底していくことにした。

2020/03/20
持ち家を活かす「リバース60」
カテゴリ:

18年度の申請戸数は前年の3倍で、

19年度は同約2倍になる人気ぶり。

その9割がノンリコース型を利用し、

利用者の平均年齢は70歳という。

住宅金融支援機構の保険付きの、

「リ・バース60」も商品化が進み、

セカンドハウス購入にも使える。

亡き後に、売却か一括返済の二択か、

保有する場合は分割返済も可能である。

マイホームは資産形成とともに、

老後の楽しみと安心が付いてくる。

一粒で2度おいしい人生が楽しめる。

これも持家だからこその特典であろう。

2020/03/19
人気上昇中の「リ・バース60」
カテゴリ:

マイホームのローンが済んだ人が、

その資産の活用するためのローン、

「リ・バース60」が人気上昇中。

住宅金融支援機構が応援する、

リバースモーゲージ型の住宅ローンは、

自宅という資産を子供に残すのではなく、

老後の豊かな暮らしの為にキャッシュ化。

住んだままで毎月の支払いは利息のみ、

元金は亡くなった時、売却で一括返済する。

ノンリコース型は完済できなくとも、

相続人に残債務が請求されない方式だ。

色々なパターンの商品も開発されていて、

17年4月の導入以降利用者が多くなり、

需要を反映し取り扱い銀行も増えている。

2020/02/10
暖冬の初雪
カテゴリ:

ぽかぽか陽気の空に初雪が舞い、

途中で溶けて消えてしまった。

暖冬のなか、‟住活”も目を覚まし、

マイホーム探しが動き出した。

お家賃並みで買える一戸建てで、

将来の資産形成にも備えられる。

このエリアの堅実な持家志向が、

統計数字にも反映されている。

思い立ったら吉日。

クレストンホームにお電話を。